RUNARUNA WORKS

husky125.exblog.jp

ブログトップ

落とし物   

2009年 03月 06日

朝、駐車場からの狭い通路を課長と歩いていると
「ボンボン落ちてるぞ。」と課長が立ち止まった。
「へ?」と下を見ると
b0118920_19311656.jpg

まさにこんなボンボンが1個落ちていた。
足でグリグリしようかと思ったけど、ボンボンにしては色が色々混ざってるし
ちょっと黒い突起物があったので拾ってみた。








私「ギャ〜!!!鳥だ〜!!!」
課長「えええ〜???」
通路で2人固まってしまった・・・・・。
手のひらに収まった鳥はプルプル震えていたし
暖かかったので生きていたのは分かった。でも飛べないみたい。
しかも雨まじりの雪が降り、風も強い・・・。

私「拾っちゃった・・・・。この状態なのにもう地面へは置けないかも。」
課長「だよな・・・・。」
しばらく2人で考えて、とりあえずうちの会社の管理人のおじさんに
相談しようと言う事に。
b0118920_19393648.jpg

おじさんに事情を説明すると快く「預かるよ。可哀想にな〜」と嬉しい言葉。
よく見ると右目が開いていない。まだ子鳥なのかもしれない・・・。

とりあえずオフィスへ。
でも気になってしょうがないので、まず鳥の種類を調べた。
「ヤマガラ」って野鳥に似ていたので、勝手にそうだと判断。
色々見ていたら、野鳥を飼育するのは違法。と言う文字を目にしてちょっとビビる。



お昼に買い物をして管理人のおじさんの所に行くと
朝プルプル震えて飛べるかどうか分からない鳥が元気になっていた。
b0118920_20383484.jpg

「おいで」と言うと手に乗り、肩や頭の上にも乗ってすごく人懐っこくて可愛い♪
おじさんも「パンを食べてうんこもしたよ!飛ぶ事も出来たよ!!」と嬉しそう。
右目もちょっと開いていた。

さて、ここで問題が・・・・。
飛べるようになったから自然に帰そうと話をしていたんだけど
今日のこの天気では死んでしまうかもしれない。
無人になるビル内ではセキュリティーに反応する為に置いておけない・・・。


旦那に連絡をして、天気が良くなるまで私の家で保護しようと考えた。
今日は天気が悪すぎるし、死ぬ確率が高い状態で放すのはとても出来ない。
それをおじさんに押し付ける事も出来ないし・・・・。
おじさんにそれを話すと、ちょっと暗い顔に・・・。
「8階の倉庫には窓がなくてセキュリティーに反応しないから
土日はダンボールで巣箱を作っておじさんが面倒見るよ!」と。
おじさん数時間ですっかり情が移ってしまって
私が家に連れて帰るのが嫌だったみたい(笑)

それなりの施設に電話するべきだったかな?とも思ったけど
飛ぶ事がわかったら「放して下さい」と言われるよね。
でもこの風の強い中で放すのはちょっと出来なかった。
月曜日は天気がいいみたいだから、その時に放そうかと。

元気になって野生に返ってくれればいいな!!
[PR]

by husky125wr | 2009-03-06 21:24 | るなるな